So-net無料ブログ作成
旅日記 ブログトップ
前の5件 | -

お伊勢参り⑥(終)ーミキモト真珠島ー(H.29.12.17記) [旅日記]

H.29.5.24。旧友5人組のお伊勢参り旅行の2日目。
鳥羽の「かんぽの宿」での懇親会の一夜が明け、旅行2日目は鳥羽の「ミキモト真珠島」を見学することに。
AC②.jpg
「ミキモト真珠島」は鳥羽駅から徒歩5分.
明治26年(1893年)御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島です。
AC①.jpg
島内には真珠のことがすべてわかる「真珠博物館」、真珠王と称された御木本幸吉の生涯と業績を紹介する「御木本幸吉記念館」、パールショップやレストランのある「パールプラザ」、そして白い磯着に身を包んだ海女たちの潜水作業の実演を見ることが出来る「海女スタンド」などがあります。
AC⑦③.jpg
入り口で入場券を買って島へ渡ります
AC③.jpg
AB①①.jpg
海上に渡された通路を進みます
AC④.jpg
AC⑤.jpg
通路の窓から振り返ると、鳥羽湾巡りの観光船乗り場とその向こうに鳥羽駅が遠望できました。
AC⑥.jpg
真珠島入り口です。
AC⑧.jpg
大きな真珠のモニュメントが。
AC⑧②.jpg
山高帽にマント姿の、真珠王、御木本幸吉が海のかなたを見つめています。
AC⑧③.jpg
真珠王の銅像前で記念写真です。
AC⑨.jpg
真珠博物館に入ります
AC⑩博物館へ.jpg
博物館の中では、真珠の出来る仕組みや、真珠の持つ独特の色と光沢の秘密などが、実演や映像、パネルなどで紹介されていて、真珠のことはすべてわかります。
AC⑩博物館へ②.jpg AC⑩博物館へ⑤.jpg 
AC⑩博物館へ⑥.jpg AC⑩博物館へ④.jpg AC⑩博物館へ③.jpg AC⑩博物館へ⑦.jpg
AC⑩博物館へ⑧.jpg
館内に2016年5月26日~27日に開催された、第42回先進国首脳会議「伊勢志摩サミット」の写真が展示されていました。
AC⑩博物館へ⑨サミット.jpg
博物館を見学した後、海女スタンドで「海女の実演」を見ることにしました。
「海女スタンド」で海女船の到着を待ちます。
AB①.jpg
海女船がやってきました。
AB②.jpg
AB③.jpg
AB④.jpg
実演の様子は、動画でご覧ください。



なかなか迫力のあった海女の実演の後は「御木本幸吉記念館」へ。


AB⑤.jpg


記念館では、真珠に人生のすべてを賭けた御木本幸吉の波乱に満ちた生涯が、写真や愛用品などを通して紹介されています。

AB⑦.jpg


AB⑧.jpg


生家、うどん屋「阿波幸」の復元です


AB⑥.jpg


記念館の前で記念写真を撮る外国人観光客。伊勢志摩地区は国際的な観光地ですね。


AB⑨.jpg


落ち着いた佇まいの和風庭園や遊歩道も趣があって見ごたえ十分でした。


AB⑩②.jpg


AB⑩①.jpg


AB⑩.jpg


ミキモト真珠島を見学した後は、近鉄・鳥羽駅へ。駅前のレストランで昼食をとった後、名古屋へ向けて帰路につきます。


AB⑳.jpg


改札口横売店の前の「海女さん」に別れを告げるFさん。


AB⑳①.jpg


AB⑳②.jpg


大きな真珠にもお別れです。


AB⑳③.jpg


AB⑳④.jpg



この電車が出た後、帰りの特急電車が入ってきます。


AB⑳④②.jpg


AB⑳⑤.jpg


帰りの名古屋行き特急が到着しました。


AB⑳⑥.jpg


旧友五人組は、この後、来年春に北陸で再会する事を約して、名古屋で解散しました。


皆さん。2日間お疲れさまでした。来年また元気で会いましょう!  (終り)



*****************************



5月23日~24日の「旅行記」を半年余遅れでようやくアップすることが出来て、ホッとしました。


しばらくアップしてこなかった間に、ソネットのblogの仕組みが少し変っていて、YouTubeの動画のアップ方法など、少々戸惑いも感じることもありました。

やはり、あまり長期間さぼってはいけないと、反省しております。


これで一区切り付きましたので、以後はこれまでのペースを思い出しながら、マイペース投稿を続けたいと思います。


blog仲間の皆さん。変わらぬご厚誼、ご支援をよろしくお願い申し上げます。



最後に、旧友5人組の皆さん。


blogアップが大変遅れまして申し訳ございませんでした。来年の北陸の旅を楽しみにしております。


Nさん、Wさん。よろしくお願い致します。

nice!(17)  コメント(2) 

お伊勢参り⑤ーかんぽの宿・鳥羽ー(H29.12.16記) [旅日記]

H.29.5.23。


旧友5人組のお伊勢参り旅行の宿泊地は「鳥羽」。宿は「かんぽの宿」です。


BA①鳥羽MAP.jpg


外宮、内宮を参拝し、おはらい通り、おかげ横丁を散策した後、内宮からバスで近鉄・五十鈴川駅へ。


BA④五十鈴川駅.jpg


近鉄鳥羽線に乗車して鳥羽駅へ。


BA⑤鳥羽駅②.jpg



鳥羽駅前には、今晩の宿、「かんぽの宿」の送迎バスがお出迎え。


BA⑤鳥羽駅.jpg



BA⑥バス.jpg


「かんぽの宿」は、鳥羽湾を見下ろす高台に建っています。(パンフから借用)


BA③かんぽの宿遠景パンフ.jpg


宿に着きました。


BA⑦宿正面.jpg


BA⑦宿正面②.jpg



正面玄関前のロータリー周辺の風景と眼下に広がる鳥羽湾の絶景。


BA⑦宿正面④.jpg


BA⑦宿正面③.jpg



ロータリーに鳥羽市の木「やまとたちばな」が植わっています。


BA⑦宿正面⑤やまとたちばな.jpgBA⑦宿正面⑤やまとたちばな②.jpg


大浴場、自家源泉の「潮香の湯」で汗を流し、心身ともにリラックスして、いよいよお待ちかねの懇親会です。

(パンフから借用しました)


BA⑩①浴場.jpg


今日の料理は伊勢の食材ににこだわった、料理長こだわりの「極(きわみ」です。(パンフより借用)



BA②会席料理極パンフレット.jpg


配膳された御馳走を前に、声高らかに「かんぱ~い」


BA⑩②料理.jpg


BA⑩乾杯!②.jpg


二次会はお部屋で。遅くまで歓談しながら鳥羽の夜は更けてゆきました。(続く)


BA⑩乾杯!③酩酊!.jpg



nice!(11)  コメント(0) 

お伊勢参り④ーおかげ横丁(H.29.12.15記) [旅日記]

H.29.5.23。旧友5人組のお伊勢参り。


外宮、内宮を参拝した後は、内宮前の「おはらい通り」から「おかげ横丁」へ。


(写真をクリックすると拡大表示されます)


BC①i①宇治橋鳥居.jpg



BC①おはらい町おかげ横丁地図.jpg



「おはらい通り」は宇治橋から五十鈴川に沿って続く約800mの石畳の通り。


お伊勢さん特有の切妻・入母屋様式の町並みが軒を連ね、多くの土産物屋、飲食店、商家が立ち並んでレトロな雰囲気がたっぷりです。


BC①②おはらい町へ.jpg


BC①③おはらい町へ.jpg


BC①④おはらい町へ.jpg


「おかげ横丁」は、おはらい通りの中程の一角にあります。


BC②①これよりおかげ横丁.jpg


案内図の「黄色いライン」は「おはらい通り」、赤丸印は、写真に写っている箇所です


BBC②おかげ横丁地図.jpg




江戸期から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築、再現された町で、敷地は約4000坪。伊勢ならではの食べ物屋や土産物屋が立ち並んでいて、御祭りのような賑わいを見せています。


おかげ横丁正面入り口前の「赤福本店」


BC②①赤福.jpg



伊勢名物の赤福をいただきました。


BC③赤福店内.jpg


突き当りに見えるのが「ふくすけ」。伊勢うどんのお店です。


BC③ふくすけ①.jpg


伊勢の老舗牛肉屋「豚捨」と漁師料理の店「海老丸」


BC④海老丸③④.jpg


伊勢路の名産を集めた「名産味の館」


BC⑤味の館24.jpg


「御木本真珠店」前


BC⑥真珠店前38.jpg


季節毎の催し処「季節屋台」


BC⑦季節屋台58.jpg


季節屋台の一角では、懐かしい「射的」も。


BC⑧季節屋台58射的.jpg


日本の神話をテーマにした体験施設「おかげ座 神話の館」


BC⑨おかげ座59.jpg


招き猫が1000種もある「吉兆笑福亭」。縁起の良いお店の名前ですね。


BC⑩吉兆笑福亭42②.jpg


BC⑩吉兆笑福亭42.jpg


全部で62店舗もある、「おかげ横丁」


ゆっくり楽しむ時間がないのが心残りでしたが、古の伊勢に想いを馳せながら、今夜の宿泊地「鳥羽」へ向かいました。(続く)


nice!(7)  コメント(0) 

お伊勢参り③ー内宮へー(H.29.12.14記) [旅日記]

平成29年5月23日。旧友5人組の「お伊勢参り」は、いよいよ内宮へ。


CB①.jpg


外宮のバス乗り場から内宮行きのバスに乗車。


CA①.jpg


CA②.jpg


10分少々で内宮に到着。


CA③.jpg


バス停から内宮に向かいます。


CA④徒歩で内宮へ.jpg


宇治橋鳥居と宇治橋が見えてきました。
CA⑤徒歩で内宮へ②.jpg
CA⑥宇治橋鳥居宇治橋.jpg
内宮、すなわち皇大神宮は、日本国の象徴である天皇のご祖先、天照大神が祭られており、2千年前、垂仁天皇の御代に伊勢の地に鎮座なされ今日に至っております。
CA⑤②内宮看板.jpg
CA④②案内図.jpg
宇治橋を渡ります。五十鈴川です。
CA⑦五十鈴川.jpg
宇治橋を渡り切って右手に曲がり、右手に大正天皇お手植えの松を眺めながら進みます。
CA⑧宇治橋渡切る.jpg
CA⑨神苑大正天皇お手植え松.jpg
CA⑨神苑大正天皇お手植え松②.jpg
内宮・宮域図です。
CA⑨②宮域図.jpg
手水舎で手を清めたあと、五十鈴川の御手洗場に向かいます。
CA⑩①手水舎.jpg
CA⑩②御手洗場へ.jpg
五十鈴川を背に記念写真。
CA⑩④お手洗い場集合写真.jpg
いよいよ内宮御正宮を目指します。
CA⑩⑤木漏れ日の射す参道を.jpg
CA⑩⑥御正宮へ.jpg
左手に神楽殿が見えてきました。御正宮はもうすぐです。
CA⑩⑦神楽殿を左に見て.jpg
御正宮に着きました。
CA⑩⑧内宮御正宮です.jpg
CA⑩⑧内宮御正宮です②.jpg
CA⑩⑧内宮御正宮です③.jpg
国家安寧、家内安全をお祈りしてまいりました。(続く)

nice!(8)  コメント(1) 

お伊勢参り②ー外宮へー(H.29.12.13記) [旅日記]

H.29年5月23日~24日。旧友5人組の年一回の一泊二日懇親旅行。


名古屋から近鉄特急「しまかぜ」に乗って「伊勢市」へ。先ずは昨日アップ出来なかった、「しまかぜ」最前車両の展望風景をご覧ください。


松坂駅手前から松坂駅を通過して伊勢市駅に着くまでの1分21秒の動画です。




実は昨日、上の動画を視聴した後でYouTubeで次の動画を見つけました。


名古屋から賢島までの「しまかぜ」最前列からの展望動画。25分29秒というロングタイムの動画ですが、我々5人組の「しまかぜ」体験そのままの、大変優れた動画でしたので、YouTubeから拝借してアップさせていただきました。




さて、伊勢市に着いて駅舎を出ると目の前に外宮参道が延びています。


CC⑳②.jpg


「伊勢市」駅から外宮まで500mです。


CB②.jpg


外宮参道の道の両側には、飲食店やお土産屋などのお店が並んでいます。


CB③.jpg

CB④.jpg


外宮の表参道が見えてきました。


CB⑤.jpg


CB⑥.jpg


伊勢神宮・外宮すなわち豊受大神宮は豊受大神(とようけ おおみかみ)がご祭神として祭られています。


豊受大神は食物の神様、衣食住、産業の神様として崇敬を集めておられます。


CB⑦.jpg


CB⑧.jpg


表参道の入り口の火除橋を渡り、第1鳥居をくぐります。


CB⑨火除橋.jpg


CB⑩第1鳥居.jpg

深緑の木々に覆われた表参道を粛々と進んでゆきます。


CB⑩①新緑.jpg


右手に神楽殿を眺めつつ御正宮を目指します。


CB⑩②神楽殿を右手に.jpg


CB⑩③正宮へ.jpg


御正宮が見えてきました。


CB⑩⑤見えてきました.jpg


御正宮に着きました。


五穀豊穣と家内安全をお祈りしてきました。


CB⑩⑥正宮です.jpg


御正宮にお参りした後は、表参道を戻ります。入り口からの沢山の参拝客とすれ違いました。


CB⑩⑦表参道を戻ります.jpg


外宮の参道は深い緑に包まれて荘厳な雰囲気が漂っています。


CB⑩⑧新緑②.jpg


表参道の入り口に戻ってきました。手水舎と火除橋です。


CB⑩⑨復路手水舎火除橋.jpg

外宮を参拝したあと、外宮参道の「やとや」で簡単な昼食をとりました。


CB⑩⑩やとや.jpg


「やとや」は神宮にお米を奉納している、お米のお店。


奉納米で握った、おにぎりやおでん、伊勢うどんがいただけますが、我々の昼食はおにぎりでした。


CB⑳①.jpg

CB⑳②おにぎり.jpg


CB⑳④おにぎり.jpg


昼食を済ませて、バスで内宮に向かいました。(続く)


CB⑩⑪内宮へ.jpg

nice!(9)  コメント(0) 
前の5件 | - 旅日記 ブログトップ