So-net無料ブログ作成
検索選択

本当のことを・・(H.26.2.25記) [政治]

いわゆる、河野談話と慰安婦問題。

昨日、ネットで2月20日に開かれた国会における石原信雄元内閣官房副長官の証言の動画を見ました。

50分、という結構長い動画でしたが、見終わるまではあっという間でした。

ご自分の見聞きした状況を淡々と証言する石原証人の発言内容は、説得力に溢れていて、いわゆる「河野談話」なるものの実像が白日の下に晒されることになりました。

「河野談話」が、日韓両政府の妥協の産物として公表され、その結果、石原信雄氏の証言のように「日本政府の善意が生かされていない」のだとしたら、「河野談話」が公表されるまでのいきさつや日本政府の「善意」なるものが何であったのかなど、本当のことを是非知りたいものです。

日本維新の会の山田氏の質問と、石原信雄氏の証言によって、これまでもやもやしていたものが少し晴れた感じです。

それにしても、新聞はじめマスコミ各社は、この石原証言にあまり深い関心をもっていないように感じられますが、何故なのでしょう。


nice!(14)  コメント(0) 

自民党総裁選(H24.9.16記) [政治]

先ほどWEBで覗いた毎日新聞の記事です。

自民党総裁選で石破茂氏が地方票で先行、だそうです。(写真をクリックしていただくと拡大出来ます)

 BC②毎日記事.JPG

かねてから好感度の高かった政治家、石破茂。

今日の石破茂のblogを覗いてみました。

 BC③石バblog.JPG

イシバチャンネル第22弾をどうぞ。

(石破茂・blogはココポチでご覧下さい)

「総理」「閣僚」「議員」になるのは「目的」ではなく「政治家」としての「志」を実現するための「手段」でなければならない、という、至極当然で当たり前の言葉が、非常に新鮮に聞こえました。

参議院自民党の論客で、石破茂応援団の一人である、山本一太氏はblog「気分はいつも直滑降」で日々の政治活動を365日情報発信しています。

その今日の記事です。

 BC①①一太blog②.JPG

今日の記事の全文です。

 BC①一太blog.JPG

今回の総裁選では山本氏は安倍支援のようですが、石破茂の応援団の一人でもあります。

(山本一太・blogはココポチでご覧下さい)

石破茂氏と山本一太氏。

混迷する現状を打破できる政治家として、大いに頑張って欲しいものです。

 

 


nice!(19)  コメント(2) 

「選択」8月号(H.23.8.17記) [政治]

「三万人のための情報誌・選択」8月号。(「選択」誌のHPはココポチ

BB①.JPG

いつもながら、国際社会、国内政治、経済、社会、文化の各分野の旬のテーマを取り上げ、密度濃くその深層に迫っていて、圧倒されます。

BB②ワイド.JPG

巻頭インタビューは、イギリス・タイムズ紙東京支局長、リチャード・ロイド・バリー氏。

日本の政治の荒廃は『民度低下』の裏返し」と論じ、最後にこう締めくくっています。

BB③.JPG

『 民主党は確かに大きな失望をもたらしたが、政権交代であっという間に変化が起こると思っていた国民もナイーブすぎる。国民自体の意識が変わらなければ、政治家の資質など変わるはずがない。長い歴史の中で形成された気質を変えるには相当な時間を要するが、結局は、その長く緩慢な変化を耐え忍び、あらゆる啓蒙活動を通じて民度の向上を図るしか手はない。』

2年前に民主党を選択して、結果として大きな失望感を味わった多くの有権者一人ひとりが、自分の投票行動のあり方について真剣に自問自答して、次の行動に繋げてゆかないといけませんね。。


nice!(11)  コメント(0)